Inspire 2のフライトを行う際の飛行環境に条件をありますか?

1. 風速10m/sを超えている時や、雨、雪、スモッグのような厳しい環境条件下ではフライトさせないで下さい。
2. 開けた場所でのみフライトさせて下さい。鉄筋製の建築物はコンパスに影響を与える可能性があり、その上GPSシグナルが遮断され機体のポジショニング性能を低下させる恐れがあり、最悪の場合ポジショニングが行えなくなります。
3. フライト時は目視可能距離内で操作を行い、人や物が密集している場所や水辺等には近づかないで下さい。
4. 携帯電話基地局や電波塔等の高レベルで電磁気を発する物の近くでフライトさせないで下さい。電波干渉し操縦不能になる恐れがあります。
5. 機体やバッテリーの性能は空気密度や温度等の環境要因により変化します。海抜4500m以上をフライトさせる際は機体性能が低下するのでご注意下さい。
6. 南極/北極圏内では、Pモードを使用することが出来ませんが、Aモード及びビジョンポジショニングシステムを使用することが出来ます。

一覧に戻る
    
0

カート